Mimi's Diary


日常とか写真とか。by mimi
by wildstrawberry33
プロフィールを見る
画像一覧

最近読んだ本たち

思ったより進まなかったかも、読書。全然読めてない。
最近読んだ本(小説だけ)の覚書。
専門書読みすぎて硬くなった頭のリフレーッシュ!!

先日久しぶりに会った友人に「1Q84読む?家に送るわー」と言っていただいたので、村上春樹待ちな私(笑)
良くも悪くも、読み応え有りそうでわくわくしとります。

------------------------------------------------

★きらきら/シンシア・カドハタ著, 代田亜香子訳

アメリカで暮らすある日系人家族の物語。全て妹のケイティの視点から書かれています。
いやー、久しぶりに本を読んで泣きました。
日系人への差別、姉の病気など過酷な環境にあっても前を向くケイティの姿に心打たれました。悲しい話のはずなのに暗い気分にならないのは、一貫して子どもである彼女の言葉で語られるからだと思います。
大学での専攻分野がここら辺なので、余計に感情移入してしまったのかも。
ただ、これは原書で読んだほうが読み応えあったかもしれない。途中日本語か英語が分からない表記があったので・・・。(訳書にしては読みやすいと思う。)


★時をかける少女/筒井康隆

これ、初版が昭和51年なんですよね。結構前の作品になるので、それなりに時代を感じる点はありますがさほど気にせず読めます。
SF+青春物語の王道という印象。爽やかで胸がきゅんきゅんする!
アニメも良かったけど、原作のほうが好きだな・・・。


★重力ピエロ/伊坂幸太郎

登場人物たちが皆、生き生きとしていて、いかにも伊坂幸太郎作品っぽい。
なのにストーリーが残念。内容の割に量が多いな、って印象です。こんなに長くする必要あった?
くどいかも。


★片眼の猿/道尾秀介

ここ最近読んだ本で一番満足した作品。
見事に騙されました。物語の冒頭から先入観を持たされますが、最後に「そうだったの?」と思わせるのが上手い。
”文章”の面白さを存分に味わえる作品でした。
彼の作品は「ラットマン」に続き二作目。こっちの方が読みやすく、ミステリーらしく読み応えがあった気がします。
他の著作も読もうかしら。

------------------------------------------------

個人的にお勧めなのは道尾秀介です。ミステリー好きな方は、ぜひ。
いわゆる自己啓発本?も借りて読んだけど、イマイチ・・・。うーむ。

余談ですが、この前友人に聞いた話。
彼女が合コンで話した殿方(超有名企業勤務、いわゆる高学歴)は浅田次郎を知らなかったらしい。んで、それを聞いて引いたわーって言ってて、激しく同意しちゃった。
別に本を読まないって人たちを軽蔑するわけじゃないけど、その辺は常識なんじゃないの?
教養ない人ってちょっと・・・ねぇ。
[PR]
# by wildstrawberry33 | 2009-08-18 23:11 | Books

こそっと

はじめてみました、ついったー!
ぶつぶつと呟いてみようと思います。

ひそかに、よろしくお願いします笑
twitter
[PR]
# by wildstrawberry33 | 2009-08-18 13:38 | ひとりごと

ジプシー。

毎日暑いですねー。
暑いけど、洗濯物が一瞬で乾いちゃうのでちょっぴり嬉しい季節であります:)
同時に変な人が増える季節・・・暑さで頭おかしくなるんですかね?ほんと勘弁。。。
しかーし!三連休は静岡!野外フェス!!楽しみ♥

最近移動時間に本(ほぼ小説)を読むよう心掛けてます。
んで、本屋で選ぶ時にすっっっごく考えることがあります・・・・。
それは初めての作者を選ぶか、以前読んだ人の作品を選ぶか?です。

なんでこんなことで悩むかというと、同じ作者を読み続けると新鮮味に欠けるんですよ。
作風がどの作品も一緒だと「別にこの本買わなくても、前読んだ作品で充分だったかな」と思うことが多いのです。
それがその作者“らしさ”と言えばそれまでだけど、個人的にはその“らしさ”を残しつつ新たな面白さを提供して欲しいんですよね。
そういう作者にあまり出会えないのが悩み。

ま、本との付き合い方なんて人それぞれなんだろうけど。
みなさまどうですか?
[PR]
# by wildstrawberry33 | 2009-07-16 18:12 | ひとりごと

夜は短し歩けよ乙女

a0120975_1621973.jpg


夜は短し歩けよ乙女
森見登美彦

「先輩頑張って!!」
感想を一言で表すとこの一言に尽きます。

裏表紙にあるように“恋愛ファンタジー”なので、「先輩」と「黒髪の乙女」の二人を中心に話が展開します。
言い回しがかなり独特で癖があるけれど、私はそこが良かったと思います。
(それで登場人物の個性が引き立ってると思うので)

特に第三章の学祭のシーンが、勢いがありテンポよく話が展開していくので好きです。
話自体は込み入っているのに、それを感じさずサクッとしているところが良かったかな。

後味のいい、さわやかーな作品でございました。
[PR]
# by wildstrawberry33 | 2009-07-16 16:35 | Books

サイドメニューが

IEだとうまく表示されないですよね?
すっごい中途半端で申し訳ないんですけど(笑)引き続き調整するのでしばしお待ちを・・・


って久しぶりの更新がこれってひどくないか?!
[PR]
# by wildstrawberry33 | 2009-07-11 00:06 | ひとりごと

カテゴリ

Other
Diary
Books
ひとりごと

最新のトラックバック

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

画像一覧